ビューカードのポイントプログラム「ビューサンクスポイント」

ビューサンクスポイントとは

「ビュー・スイカ」カード

ビュー・スイカカードでは、Suica機能と電子マネーでのショッピング機能に加え「ビューカード」としてのクレジットカード機能もついていることは既に説明した。この「ビューカード」には発行元がJR東日本グループならではの特典やキャンペーンなどがついており、ビュー・スイカカードにも同様に適用になる。

その中の一つが、ビューカードのポイントプログラム「ビューサンクスポイント」である。

ビューサンクスポイントとは、ビューカード(クレジットカード)の利用金額に応じて貯まっていくポイントで、貯めたポイントはSuicaへチャージ(入金)できるほか、Suicaグッズやキッチングッズ、鉄道グッズなどと交換することが可能だ。

ビューサンクスポイントの貯め方

ビューサンクスポイントは、通常は1,000円の利用につき2ポイント(5円相当)がカードに付与されていく仕組みになっている。
例えば、洋服を買ったり、食事をしたりした際にビューカードで料金を決済するとポイントを獲得できる。

このポイントをコツコツと貯めてSuicaへチャージ(入金)したり、グッズと交換するのも良いが、もっと効率的にポイントを獲得することができる方法がある。それはビューカードでJR東日本のみどりの窓口やびゅうプラザで切符や定期券、回数券、旅行商品、Suica定期券を購入することである。これによって、通常のお買いもので獲得できるポイントの3倍、つまり1,000円につき6ポイント(15円相当)が獲得できるのだ!

5円相当と15円相当というと、それほどの違いには感じないかもしれないが、10万円を利用したと想定してみよう。通常のポイントの付き方では500円相当のポイントが貯まる。しかしビューカードでSuicaにチャージ(入金)したり、JR東日本のみどりの窓口で切符、定期券を購入したりすると3倍の1500円相当のポイントを獲得できることになる。この違いはかなり大きいだろう。定期券を利用する方ならば特にSuica定期券付きカードにするカード枚数を減らすこともでき、お得感と利便性のメリットを最大限に利用できる。

獲得したビューサンクスポイントをお得に交換する

Suica定期券をビュー・スイカカードで購入し、貯めたビューサンクスポイントをSuicaにチャージ(入金)すると、このチャージを利用してまた電車に乗れるのが最大のメリット。電子マネーとしてショッピングにも使えるので、会社の交通費をSuicaで立て替えたり、交通費を経費で賄える場合は、ビューサンクスポイントがちょっとしたお小遣いにもなるというわけだ。

このように、Suicaにリンクさせてポイントをチャージ(入金)に使えるクレジットカードは、同じJR東日本グループの発行するビューカードだけである。
Suica機能付ビューカードはもちろんのこと、もし、Suica機能の付いていないビューカードを持っていたとしても、別にSuicaを持っていれば、リンク設定させることでビューサンクスポイントをSuicaにチャージすることは可能である。Suicaにチャージすることで、電子マネーとして利用できるビューサンクスポイントは利用度が高いのが魅力だ。

さらに女性の場合は、Suica定期券機能付ルミネカードもおすすめ。

ルミネカード

こちらもSuica定期券にクレジットカード機能としてビューカードが一体となったカードで、ルミネでのショッピングやお食事の決済に使用すると5パーセントオフになるほか、年に数回行われる割引率アップキャンペーンやなんと一年間の利用金額に応じて「ルミネ商品券」がもらえるなど、2重3重に特典がついてくる。年会費が2年目から1,000円かかるが割引率アップキャンペーン時に10,000円分の買い物をすると10パーセント割引になるので、年会費分がここで相殺できる。

もちろんSuica定期券機能付ルミネカードで定期券や切符を購入すればビューサンクスポイント3倍の対象になる。その上なんと、獲得したポイントを「ビューサンクスプレゼント」の中の「ルミネ商品券」に交換すると、650ポイントで2,000円分の「ルミネ商品券」に交換できる。

もし、Suicaにポイントをチャージしたとすると、400ポイントで1,000円分である。つまり、1ポイント2.5円分の計算だが、「ルミネ商品券」に交換すると、1ポイント3円の計算になるのだ。1000ポイントで500円分も得をする計算になる。ルミネを使う機会がない方にとっては得とは言えないが、ルミネをよく利用する方にとっては、この高還元率は見逃せないだろう。

 

おすすめクレジットカード

ポイントたまるチャージ用カード